【単勝217.8倍】タケトンボが3着へ爆走!10月24日 阪神5R 2歳新馬戦

 

「単勝217.8倍を勝ち取るのが穴馬ハンター」

 

2021年10月24日(日)阪神5R 芝1800m外回り 2歳新馬戦にて、単勝オッズ217.8倍のタケトンボが3着と爆走しました。

 

レース動画はこちら

 

レース結果はこちら

 

タケトンボは逃げ戦法を取り10頭立て10人気からの3着。

10頭立てなのにワイド7番−10番5300円、6番ー10番1万810円と超高配当。

こんなレースを勝ち取りたいですね!

 

 

このページでは10頭立て10人気から3着へと好走したタケトンボについて考察していきます。

 

今後の穴馬狙いにお役立てください。

PR

 
【2022年版】藤田奈々子壁掛けカレンダー予約受付開始!
50cmオーバーのBIGサイズ!
 

予約はお早めに⬇︎

タケトンボはどんな馬?血統から考えると

 

第一印象は「中距離適性があるかもしれない.....」こんな感じです。

 

タケトンボのクロスは【Mr. Prospector9.38%4 x 5 Nureyev9.38%5 x 4】

 

キングマンボ系は牝系を掻き立てる万能血統、ただし、タケトンボはキンカメ産駒系ではなくキンググスベストのエイシンフラッシュ産駒。

 

またマイナー血統のPlatiniが父母父にいます。

 

母父系には強烈な末脚を伝授するトニービン。

 

全体的には中距離以上のタフな馬場で通用するパワーを兼ね備えたスタミナタイプに見えてきます。

レースから分析すると、スタートは?

タケトンボは大外に構え落ち着いた様子でゲートへ入りました。

 

スタートで6番トルナヴァと先行争いを繰り広げますが、トルナヴァに騎乗するデムーロ騎手が外から被せて来たタケトンボをキョロキョロと見て、

 

手綱を引く形で前を譲りました。

 

猛烈な先行争いから逃げた感じはしないので一つ注意が必要。

展開は?

レースはまったり前良スローペース【36.7-34.4】で流れ、タケトンボにしてみれば息を入れやすい最高の展開になった気がします。

 

そもそも阪神芝1800mはスローで流れ上がり勝負になりやすいコースなので、逃げるとすれば押さずに逃げてスタミナを抜群に残しておく必要があります。

 

いや、サイレンスなら......

 

押して押して押しマックたことでしょう。

 

タケトンボとはというとスタミナを十分残しながら直線を向いた感じがしますね。

 

最後は上がり【35.3秒】の4着インパクトベースンとハナ差でギリギリ3着でしたが、このコースで残り、馬場によるプラス要素はタケトンボにしてみればないように思えます。

 

まだまだ狙えそうです。

まとめ

中距離適正のある欧州型スタミナ血統とひとまず判断します。

 

馬場が重たくなればさらにチャンスかもしれません。

 

ただし、展開に恵まれたというも事実です。

 

なんだかちょっと、デムーロが「ほらよ!」って感じもしました。

 

菊花賞で頭がいっぱいだったんでしょうかね^^

血統 初心者を脱出したい

 

血統は穴馬を見つけるのに優れた予想材料と言われています。馬券に反映できず困っていませんか?

 

競馬評論家・亀谷さんの新作血統本では「1頭の種牡馬を覚えるだけで競馬は勝てる」をコンセプトに馬券に反映させるノウハウが満載!

 

使える血統ノウハウを学んでみましょう。

 

/評価4.6!血統を操るノウハウ/