ステイゴールド産駒の特徴・適性・考察
ステイゴールド(Stay Gold)  黒鹿毛
生年月日 1994年3月24日
獲得賞金 7億6,299万円
戦績 7-12-8-23/(50戦7勝)
サンデーサイレンス
ゴールデンサッシュ
調教師 池江泰郎
勝ち鞍 香港ヴァース、日経新春杯、目黒記念

代表産駒

オルフェーブル、ゴールドシップ、レッドリヴェール、トゥインクル
ステイーゴールド戦績→競馬情報データベース・JBISサーチ
※JRA-DATAラボにてデータ集計した結果をグラフ化しています。
スポンサーリンク

ステイゴールド産駒の特徴・適性

※転載
ステイゴールドはスタミナ豊富でパワーを持ち合わせるマラソンランナー。逆に、瞬発力は低く、トップスピードはそこまで速いと言えない。パワーを必要とする持久力戦が得意
ステイゴールド産駒の全成績(〜2019年末)
勝率 複勝率 単回値 複回値
全体 8.4% 23.7% 71% 77%
8.7% 24.7% 70% 79%
ダート 6.4% 18.3% 71% 64%
1番人気 38.0% 69.3% 89% 89%

サイアーランキング

  • 2019年 4位
  • 2018年 4位
  • 2017年 3位
  • 2016年 5位
  • 2015年 5位
  • 2014年 8位
  • 2013年 6位
  • 2012年 3位
  • 2011年 4位
  • 2010年 13位
  • 2009年 11位
  • 2008年 17位
  • 2007年 19位
  • 2006年 26位

成長スピード

  • 7歳まで一定レベルの複勝率を保っている事からもステイゴールドは晩成型タイプの馬。

コース適性(芝orダート)

  • 芝もダートも走りますが、どちらかと言うと芝適性を示しています。

距離適性

  • 長距離適性を示しています。特に、2000m以上は複勝率25%以上。

競馬場別・芝コース適性

  • 札幌、函館競馬場が得意。
  • 新潟、小倉競馬場が不得意。

馬場適性は?

  • 激走は良馬場、好走率が高いのは不良馬場。

競馬場別・ダートコース適性

  • 札幌、中京競馬場に適性を示しています。

馬場適性は?

  • 不良馬場になるに連れて成績を落としている。

ステイゴールド産駒を考察

オルフェーブルをはじめとし、障害レース最強馬オジュウチョウサンもステイゴールド産駒。ステゴ産駒の特徴は大舞台に強く、道悪でも走るパワーとスタミナを備えた馬であるのがデータから顕著に表れている。しかし、巷では「あてにならない」とも言われている点が難しいところ。長距離の道悪が基本的な狙いになってくるが、回収率が高いのは1400〜1600mである。よって新の狙い所はここかもしれない。

スポンサーリンク
馬券の格言を勉強して、予想に活かしてみませんか?【2021年1月22日発売】

多くの競馬ファンは目の前のレースに集中し、確固たる競馬力をつけようとはなかなかしません。

 

馬券術ノウハウが詰まったモノ、それこそまさに馬券格言です。

 

数ある馬券格言「本当に使えるの?」について詳しく解説された、亀谷敬正(血統ビーム研究所所長)さん注目の競馬本が2021年1月22日に発売されました。

 

  • 競馬で勝てるようになりたい
  • 長く競馬で勝ち続けたい

 

馬券格言を一から勉強し予想に活かしみませんか?

おすすめ記事