単複勝負は正義!競馬で勝てないを改善する究極の馬券術

 

 

こんにちは、私は穴馬狙いで年間プラス収支を2年継続中です。

 

ここで話す内容は

 

最強の予想力アップ理論

  • プラス収支を出せるようになった理由
  • 『なに』をしたから今のようになれたのか?
  • 方法を完全公開!(こんな感じにやればキット大丈夫という方法)

     

    もちろん管理人の持論であり、100%すべてを補償することはできませんが、

    内容には自信があり「競馬で勝つための道筋が必ず見つかるハズ」と自負しています。

    またこの記事のみで完結できるよう結論まで順を追って説明します。

     

    正直なところ、勝ち組・負け組の考え方などといったマインド系の話も含まれています。

    勝つためにはやっぱり理解しておいた方がいいと思う所があるからです。

     

    競馬は、予想しているだけでは決してレベルアップできません。

    レベルアップできたとしても、勝ち続けるまでは至らないものと考えています。

     

    予想力をアップさせるためには、

    戦略の元で予想と分析を繰り返す必要があります。

    それを可能にするのが『単複勝負』です。

     

    • 負け続けている
    • 勝てる未来がまったく見えな
    • 予想力が上がってる気がしない

       

      論文のように1から10まで分かりやすく説明するのが苦手(ムリ)な人なので

      文章がおかしくなっている部分があるかもしれませんが、

      ぜひ参考にしてみてください。

       

      この先は無料で読める競馬の本質的な話、

      やるか?やらないか?

      やれば予想力が確実にアップします。

       

      出陣じゃー!!!

      PR

      【2022年版カレンダー】

      藤田奈々子が
      50cmオーバーのBIGサイズであなたの前に!

      競馬で勝つ!を真剣に考えると見えてくる競馬の本質

      競馬は馬券を的中させることで払戻金を獲得し勝つことができます。しかし払戻金の額は馬券投票された金額と的中した人の人数で決まるため、あなたが本当に戦っているのは横にいるおじ様と私です。要はJRAからお金を貰っているのではなく、横にいるおじ様からお金を貰ったりあげたりしています。競馬で勝つとは周りのおじ様に勝つことと同意義なのです。

       

      ですが投票される金額と的中する人の規模が膨大であるため、私たちは簡単に錯覚を起こし馬券を的中させ競馬に勝とうとしてしまいます。これが私が陥ってしまった3連単スパイラルの元となる考え方で、1レースごとの予想しかできていない典型的な一生負け組の考え方でした。

       

      競馬で勝つためには長期戦略が必要であり、言い換えればあなただけの予想理論をしっかり持つことが必要です。競馬で勝つための構図を次のように塗り替えてみましょう。

       

       

      あなたの予想理論 VS おじ様たちの予想理論

       

       

      たったこれだけで競馬の本質に近づくことができました。あなたが今後やらなければならないことは、

       

       

      1. センスの良い予想理論を考えそれを磨くこと。
      2. 決して目の前の1レースに目を奪われないこと。

       

      この2つです。

      予想理論を作るにはセンスと研究者であることが求められる

      世の中にはいろいろな予想理論があり、どれもこれもはじめは誰かが思いついてゼロから作り出したものです。現在は元となる考え方があるため、ブラッシュアップさせたり他の理論と組み合わせたりしながら細分化されみんな右往左往としています。

       

      誰かの理論をもとにするにしても、まったくのゼロから作り出すにしても、新しいものを作るのですから研究者のように仮説を立て分析を繰り返しアップデートさせるセンスが必要です。また誰かの理論をそのまま使おうというのは虫のいい話で、確実に勝てる方法があるならそれを世に出すハズがありません。

       

      勝てるかどうか微妙なところ、勝てるかもしれないけどリスクあるよな、こんな理論なら誰かに教えてお金を貰った方がマシ!と考える人もいるので世の中に出回ることがあります。しかし、その期待値を見抜くことは予想理論を作り出した本人でも不可能で、頭を悩ませ自分で考える方がよっぽどリスクも少なく信頼できるものが出来上がります。

      仮説するには競馬力が必要

      ここではあえて競馬の知識や予想力をひっくるめ競馬力とします。この競馬力がある一定レベル以上でないとセンスある予想理論の元となる仮説を立てることができません。もし何かを思いついたとしても、それはもしかしたら到底通用しない浅はかなモノかもしれないのです。

       

      わかりずらいと思うので具体例を出します。例えば血統本を読み血統1本で予想するスタイルの人がいるとします。これはこれで素晴らしい予想方法なのですが、タイム、レース展開、調教、馬場状態について素人当然となると

       

      こんなレースになると思ったのに、ぶったまげるほど違う展開になった.....

      なぜ?

      チンプンカンプン

       

      きっとこんな感じになってしまうかもしれません。

       

      血統のプロフェッショナルは他の予想ファクターの知識もあるため、それらを含めて馬・レースを見る力があります。「正解ならずとも遠からず」といった視点で「なぜ?」を考えることができるのです。

       

      この流れはそのまま仮説を立てる時にも当てはまり、引き出しの少ない人が仮説を立ててもゴールからかけ離れた闇雲なモノになってしまうでしょう。競馬力のある人の方が仮説を立てるにしても有利なのです。

       

      まずは多くの競馬知識を入れることを忘れないでください。そのうえで考える仮説は一味違ったものになります。

      予想材料をすべて理論に組み入れるかは別の話

      たくさん勉強をしたのであれもこれもと予想材料を使いたくなるかもしれませんが、なるべく少ない予想材料で予想理論を作る方が結果的に競馬で勝てる予想理論に近づくことができます。

       

      増やせば増やすほど「どの予想材料が原因で結果が左右されているのか?」が分かりづらくなるためで、最悪アップデートするのが難しくなってしまうからです。

       

      センスある仮説を立てるためには多くの引き出しが必要ですが、引き出しを開けすぎるとどこを閉めればいいのか分からなくなる.....この感覚に近いかもしれません。

      平常心で予想する必要性アリ

      熱くなれるのが競馬の醍醐味なのですが、熱くなれば熱くなるほど馬券が的中するなんてメカニズムは解明されていません。勝つための予想をするときはミスジャッチをしないよう平常心で予想理論にもとづき予想することが求められます。どんなにいい理論を作ったとしても、あなたがそれを正しく使えなければ元も子もないのです。

       

      この記事を読んでいるあなたはきっと、ギャンブルの沼に片足突っ込んだり引っ張り出してまたハマったりするタイプ。自分が平常心なのか?否か?を判断できるようになると勝つ確率が飛躍的にアップするでしょう。

       

      平常心を取り乱すいくつかの例をまとめました。

      どれが正解とかはありませんが、一度自分自身で考え落とし込んでみましょう。

       

      平常心を取り乱す事象の一例

       

      • 馬券がハズレる
      • 負けた分を取り戻そうとする
      • 仕事・人間関係でうまくいっていない
      • お金がない・ピンチ
      • キャッシングで競馬・生活資金で競馬

       

      私なりに言い換えると次のようになります。

       

      • ギャンブルで負けること
      • お金が足りないこと
      • 時間が足りないこと

       

      私が平常心を保つため心掛けていることは「負けない・お金が豊富・余裕がある」です。

      熱くなっていい瞬間

      投票締め切りになり、発走したなら騎手の名前を叫び、馬券を握りしてめ画面に食らいついてOKです。的中馬券まで天へと放り投げないよう注意しましょう。

      よくある競馬分析の勘違いと正しい考え方

      予想理論を作り上げるには仮説と分析この2つが必要です。またセンスある仮説を立てるためには競馬力(競馬の知識など)が必要です。ここでは特に重要な分析について深堀しお話ししていきたいと思います。

       

      分析とは、ザックリ言ってしまえば「ある事象がなぜ起こったのか?を知ること」ですが、競馬はどの要素が絡み結果を左右したのか?が非常にわかりにくいため「おそらくこうではないか?」で分析を終わらせてしまう人が多いと私は思っています。

       

      本当の意味の分析とは「なぜそうなったのか?をハッキリさせること」って知っていましか?

       

      そんなこと言われてもハッキリなんてさせられないよ。

      ここは一つ結論づけてみましょう。正確には結論づける要素と曖昧に特徴だけを抑えて保留する要素の2つに分けます。

       

       

      1. この馬は距離適正で優れていたけど、あの逃げ馬がハイペースで飛ばしたから能力を発揮できなかった。ハイペースになりそうなレースでは買えない馬だ。
      2. この馬は距離適正で優れていたけど、1枠は馬群に押し込まれて無理だ。外枠で買おう!
      3. この馬は距離適正で優れていたけど、もしかしたら東京の長い直線は無理かも。
      4. この馬は距離適正で優れていたけど、延長ローテでは能力を発揮しないかも。

       

       

      1〜4番まで同じ馬ですが要素ごと分けて分析することで、結論づけられる部分を探すのです。これをなん度も繰り返すことでより正確な情報へと進化していきます。

       

       

      もしどこも結論づけずに全て「かも」の状態で保留するとどうなるでしょうか?

       

      はい。次回はまた最初の1歩から予想しなければなりません。これが予想理論のアップデートに繋がらない原因です。分析したなら1つでも2つでも成果を上げてください。もしそれが間違ったものであっても仕方ありません。自己責任で次回痛い目に合いまたそこからアップデートするしかないのです。

      単複勝負が呼び起こすあなたの競馬センス!

      「単複オッズに魅力がない....」

      たしかに、100倍だ200倍だを的中させムフフなお店に行きたい人にしてみれば、2000円を2万円にするのが競馬で1万円を2万円するのはリスクが高いと感じてしまうことでしょう。私も同じように単複なんて!と思っていましたが、単複で勝負するある人(友人)の言葉に動かされ単複勝負に目覚めたのです。

       

       

      まずはその言葉を紹介します。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2.3倍の複勝オッズを見て

      これが魅力的に見えなきゃねぇ〜

       

       

       

       

       

       

      たったこれだけの言葉ですが私の心に突き刺さりました。

      単複オッズを見て魅力的か魅力的でないかを判断できる人がいるのです。

       

      私はこの言葉を聞いた日から3連単を完全廃止し、単複に切り替え、競馬の見方が変わり、今では勝てるようになりました。なぜ勝てるまでになれたのかを説明すると、単複は予想力がアップするという他の馬券種にない超超超超いい感じなメリットがあったからです。

       

      そのメリットがこちら。

       

      1. 無駄馬券が出ない
      2. 最も期待値の高いであろう馬を見極める力がつく
      3. レース後の分析が1頭だからやりやすい、続けられる

       

       

      この3つのメリットがあったからこそ競馬予想力が上がり、正確に自問自答し自分の得意とする、または突き詰めたいと思える分野を見つけることができたのです。

       

      競馬予想を繰り返すだけでは予想力がアップしないと私は結論づけました。

       

      一般的に言われている単複勝負のメリットを含め、3つのメリットについて詳しく解説していきます。

      控除率が優遇されている

      • 単勝・複勝(20%)
      • 枠連・馬連・ワイド(22.5%)
      • 馬単・3連複(25%)
      • 3連単(27.5%)
      • WIN5(30%)

       

      これは馬券種ごとの控除率を示した数値ですが、馬連・3連複と比べても5%の違いがあります。この5%がどれほど違うのか?と言われれば100万円分の馬券を買って5万円お得くらい、土日1万円づつ、毎週競馬やる人が1年間で受けられる恩恵くらい違います。

      無駄馬券が出ない

       

      ワイド以上の馬券は的中させたいがために相手を広げすぎてしまう。という人も少なくないと思います。実際は相手を広げた方がいいレースも多くあるため一丸には言えませんが、複合馬券で競馬をする人の多くが無駄馬券を買わされてしまっているのです。それも気づかないうちに買わされていることでしょう。

       

      単複勝負は買っても負けても1点買い(単と複で2点ですが払い戻しの区分が違うため1点買い×2と同じ意味になります)ですので無駄馬券が発生しません。そのため控除率の優遇分を超えてコストカットできる最強馬券です。

      軸馬を選べるようになる

      ある格言では「軸馬選びがうまければ相手なんて適当でも競馬で勝てる」とまで言われています。

       

      競馬は1着となる馬が1頭しか出現せず(ごく稀に同着アリ)、1着と5着の間には差があるためこれを見抜くのが言わば予想というもの。しかし、複合馬券を購入しているうちはこの部分が曖昧になってしまい、最も好走期待度の高い馬、もしくは最も好走した時に美味しい馬(穴馬)を見極めることを諦めてしまっているかもしれません。

       

      その典型例が「消去法」ですね。

      好走しそうな馬、好走しなさそうな馬を絞り込み、しそうな馬の中からなんとなく1番良さそうな馬を軸にしていませんか?

       

      これでは「軸馬選びがうまければ相手なんて適当でも競馬で勝てる」という格言と逆のことをしています。軸馬がイマイチ選べていないという人は、単複勝負で結果を残すことが最も手っ取り早い成功への道になるでしょう。

      分析が楽だからやりやすい・続く

      予想力を上げるためにも、オリジナルな予想理論をブラッシュアップさせるためにも分析がものを言います。分析することをヤメたら競馬で100%負け続けるでしょう。新しい競馬本で知識を広げることと、自分で分析することは同じではありません。

       

      さて、また複合馬券【3連複1頭軸5頭流し】のことを考えてみましょう。あなたの選んだ馬が1〜6着までバブリーにヒットしているならなんの問題もありません。まぁそんなことはそうそうないでしょうから、実際は2着、3着、5着・9着・13着・14着みたいな感じになったと想定してください。

       

      はたしてどのようにして全馬を分析できるのでしょうか?

       

      きっと、やってる人はやっているのかもしれません。しかし私には不可能に近いレベルで無理でした。出来たとして今でも2頭が限界。競馬で勝つためには、仮説を立て、分析し、予想に反映していく(予想理論をブラッシュアップする)ことが必要であると話しました。

       

      なかでも「分析は人間の血液にあたる部分」であり、分析し続けなければ勝てませんし、ヤメてしまえばその日から負けはじめてしまう、競馬で勝つために必要な最も重要なファクターです。

       

      単複勝負は1頭の馬のみを考えることができるため、物理的に分析しやすく、また楽であることから続けやすいというメリットがあります。

      どのくらい分析が重要なのか?

      【7:3の法則】や【78%:22%の法則】というものがあります。これは上位3割の人間が7割の利益を生み出すと言われるビジネスシーンなどでよく使われる統計学ですが、競馬に置き換えてみるとこんなことが見えてくると思います。

       

      3割の人が分析を必死にやり7割の払戻金を持っていき、7割の人がテキトーに分析するか、まったくやらずに3割のたまに的中する払戻金を持っていく。

       

      こうやって考えると少し分析の重要度が見えてくるでしょう。

       

      あなたはどちらのフィールドで戦いたいですか?

      単複勝負のメリットを存分に活かした一点突破塾

      ここからは私の考え出した単複勝負で予想力をアップさせ、自分の得意不得意の分野を見つけ、そして独自予想理論を完成させるまでの流れを解説します。

       

      この1連の流れを「一点突破塾」と名付けたので覚えていただけると幸いです。単複勝負なので(笑)

       

      1. どんな軸馬の選び方で競馬に勝てるか?仮説を立てる
      2. 同じ方法で100レース単複勝負
      3. 結果から分析する
      4. 予想理論のアップデート

      1、仮説を立てる

      まず予想材料を厳選したうえで勝てそな予想理論の仮説を立てます。これは誰かのモノをパクってマネしても全然OK。むしろそっちの方がゼロから作り出す必要もなく素早くスタートできるかもしれません。

       

      ただし、しっかり検証して100レース後にプラス収支を叩き出しているだろうという希望が持てる方法を考えてください。短期目線になればなるほど理論は崩れやすくなります。

      2、100レース単複勝負する

      1で考え出した予想方法で100レース単複勝負に挑みます。この時注意したい点が2つあるので確認してみましょう。

       

       

      1. 最初に決めた予想方法からブレずに単複勝負を続けること
      2. データを収集すること

       

       

      ここでやってはイケナイことが予想方法を途中で変えてしまうことです。正確なデータを集めることができず次に分析することができません。分析ができないとなると予想理論をアップデートすることもできなくなります。

       

      どーしても予想理論から外れる馬券を買いたくなったら、それは別枠で遊ぶようにするのが得策でしょう。

       

      次に「どの馬券を買い、どんな決着になり、どんな成果があったのか?」などのデータを確実に取ってください。収支を付け回収率を計算することも重要ですが、勝ちから遠いのか?いけそうなのか?を見極めるための根拠となるデータを収集することがこのステップでの目的です。

       

      同じ産駒狙いでもあなたと私の決断するための基準はかけ離れているというのが競馬の世界。自分だけの得意・不得意を見つけるためには必死になって1レースごとの分析・およびデータ化を目指しましょう。タグなどを使い分けいくつかの項目でデータ収集することをおすすめします。

      3、分析する

      2で集めたデータを分析していきます。2で細かいデータ収集ができていないとどこを見て判断すればいいのかがわからないので注意してください。

       

      分析時に見るべきポイントは2つ。

       

       

      • 結果が優秀な部分
      • 結果が悪い部分

       

       

      この2つにフォーカスして「なぜ良い?なぜ悪い?」を追求します。ここでイマイチ分からないとならず、分からなければ競馬本を買うなりYouTubeで勉強するなりして、必ずひとまずの結論を出しましょう。出た結論から仮説を立てることになります。

      4、予想理論をアップデートする

      3で導き出した結論、3で得た教訓や経験を活かし予想方法をアップデートします。良かった点を残しながらアップデート、悪かった点を捨ててしまうのがポイント。アップデートした内容を再び検証にかけ、希望が持てるようなら再び2へ戻ってください。

       

       

      このサイクルを繰り返しながら単複勝負で結果を残せたら(回収率100%以上などルールは独自で設定してください)退塾。晴れて単複勝負も卒業です。

       

      卒業する頃には軸馬選びの精度、競馬との接し方、競馬の見方が180度変わっていると思います。

       

      ぜひ卒業を目指し意地でも単複勝負を続けてみてください。

      まとめ、単複勝負は予想力がアップする凡人の最善策

      競馬で勝つためのマインド系の話、単複勝負のメリット、そして単複勝負を活用した予想力アップ(特に軸馬選ぶ)の方法について解説してきました。もちろんすべて私の持論であり、私が通ってきた考え方、やってきたことをまとめたものです。正解ではありません。

       

      ただ、もし競馬で負け続けてしまっているようならぜひ一点突破塾を試してみてください。毎週のように予想がブレてしまい、勝ち筋が見えない今の立ち位置から脱出できるはずです。

       

       

      さて3つの競馬の格言を紹介しましたが覚えてますでしょうか?

      最後におさらいして終わります。

       

       

      • 軸馬選びがうまければ相手はテキトーでも競馬で勝てる
      • これが魅力的に見えなきゃねぇ〜
      • 分析は人間の血液にあたる部分

       

      競馬で勝てる方法はこれだけではない

      このページでは私の吐き出せる競馬で勝つ方法についてお話しして来ましたが、世の中には軸馬もなにも関係なく投資競馬で荒稼ぎしている人もいます。もっと違った方法で競馬に勝てている人もいるでしょう。

       

      しかし、その人たちもまた「分析だけはしっかりやっている」ハズです。人間の血液にあたる部分ですから当たり前。もし分析なんてしてない、経験だけで勝ってるんだよ!こんな人がいるならその人は、天才、としか言いようがありません。きっと私やあなたとは異なる人種なのです。

       

      最後までお読みいただきありがとうございました。

      この記事に対するコメントもお待ちしています。

      競馬で勝ちましょう!

      血統を馬券に反映できていますか?

       

      血統は穴馬を見つけるのに優れた予想材料と言われています。

       

      競馬評論家・亀谷さんの新作血統本では「1頭の種牡馬を覚えるだけで競馬は勝てる」をコンセプトに馬券に反映させるノウハウが満載!

       

      この血統本の良いところは

       

      • 血統を見る時のポイントがつかめる
      • 馬券に反映させる考え方が身に付く
      • 血統の勉強方法がわかってくる

       

      競馬初心者におすすめ、必読の一冊です。

       

      /評価4.6!血統を操るノウハウ/