ハーツクライ産駒の特徴・適性・考察
ハーツクライ(Heart's Cry  鹿毛
生年月日 2001年4月15日
獲得賞金 5億5,573万円
戦績 5-4-3-7/19(19戦5勝
サンデーサイレンス
アイリッシュダンス
調教師 橋口弘次郎
勝ち鞍 有馬記念、ドバイシーマカップ、京都新聞杯

代表産駒

シュヴァルグラン・スワーヴリチャード・リスグラシュー・ヌーヴァレコルト・ワンアンドオンリー
 2005年の有馬記念で、あのディープインパクトに勝った唯一の馬がハーツクライ!
※JRA-DATAラボにてデータ集計した結果をグラフ化しています。
スポンサーリンク

ハーツクライ産駒の特徴・適性

※転載
ハーツクライはパワーが豊富でトップスピードを長く持続させるスタミナをも持ち合わせた前々競馬が得意なタイプ。瞬発力こそディープ産駒に劣るものの、前々で競馬できる強みは近年のレースにマッチする傾向がある。
ハーツクライ産駒の全成績(〜2019年末)
勝率 複勝率 単回値 複回値
全体 8.9% 26.6% 72% 76%
9.3% 27.5% 71% 77%
ダート 8.0% 24.6% 75% 76%
1番人気 31.8% 63.5% 77% 82%

サイアーランキング

  • 2019年 2位
  • 2018年 3位
  • 2017年 4位
  • 2016年 4位
  • 2015年 3位
  • 2014年 3位
  • 2013年 5位
  • 2012年 9位
  • 2011年 16位

成長スピード

  • 根本的な強さから2歳での好走率は高め。
  • 代表産駒の実績からハーツクライ産駒は古馬になってから(4〜5歳)が一番よく走ると言われている。
  • 7、8歳まで残る馬は少ないが、いたとしても過小評価したい。

コース適性(芝orダート)

  • 芝もダートもほぼイーブンに走る天才型。産駒特有のパワーとスピードがこれを実現させている。
  • どちらかと言うと芝適性を示している。

距離適性

  • 1800m以上に距離適性を示している。
  • 適性は中距離以上でも、1000mの回収率は高く狙い目。ただし、レース数は少ない。

競馬場別・芝コース適性

  • 複勝率がほぼ横ばいの中、函館競馬場の激走率(勝率)が目立つ。
  • 福島、京都は不得意。

馬場適性は?

  • 不良馬場での複勝率が低くなっている中で、勝率は横ばいに維持している。これから道悪に適性があると考えられる。

競馬場別・ダートコース適性

  • 札幌、函館競馬場に適性を示しています。
  • 東京、中山、小倉の成績は低い。

馬場適性は?

  • 道悪適性を示しているが、横ばいな数字とも考えられる。

ハーツクライ産駒を考察

産駒元年からリーディング上位で推移、2019年にディープインパクトが逝ってしまったため遅かれ早かれサイアーランキング1位に躍り出る未来が想像される産駒である。スワーヴリチャード、リスグラシューのように前々で競馬しながら早い脚を長く使うタイプの馬には非の打ち所が少なく、大方どんなコースでも対応できる強みは計り知れないものがあると言えるだろう。一方で、どんなコースでもそれなりに走ってしまうがため、どのデータにも突出した箇所が少なく、「実績、馬格、母型血統」からさらに深掘りしなければならない。ハーツクライ産駒が狙いにくいとされるとこである。

スポンサーリンク
馬券の格言を勉強して、予想に活かしてみませんか?【2021年1月22日発売】

多くの競馬ファンは目の前のレースに集中し、確固たる競馬力をつけようとはなかなかしません。

 

馬券術ノウハウが詰まったモノ、それこそまさに馬券格言です。

 

数ある馬券格言「本当に使えるの?」について詳しく解説された、亀谷敬正(血統ビーム研究所所長)さん注目の競馬本が2021年1月22日に発売されました。

 

  • 競馬で勝てるようになりたい
  • 長く競馬で勝ち続けたい

 

馬券格言を一から勉強し予想に活かしみませんか?

おすすめ記事