阪神芝1400m過去データ8年から傾向を読み解く

 

JRA-VANデータラボのデータベースを利用したTARGET frontier JVにて、過去8年分(2012年〜2019年)のデータを使い阪神芝1400mコース傾向を分析しています。レース予想の参考にどうぞ。

 

重賞レース
  • 阪急杯(G3)2月
  • フィリーズレビュー(G2)3月
  • 阪神カップ(G2)12月

2019年ー32R

 

1200mコースのスタート地点から後ろに200m引っ張っただけのコース。プラスされた200mは平坦。1200mとの違いはスタート地点を200m後ろに引っ張ったことにより、最初のコーナーまでの距離が約450mと長くなる。このため先行争いが1200mよりも厳しくなりがちで、前良ラップ傾向が顕著に見られる。どういうわけだが1番人気の信頼度が極端に低い、注意が必要だ。最後の直線は約350mで、約2mの急坂を上る。

 

  • レコードタイム 1分19.3秒

メモリーコロネット 牝4歳ー2019年9月8日 瀬戸内海特別

  • 過去最高3連単払い戻し金額 7,52万1,880円

2014年9月14日 1R2歳未勝利 勝馬→ウインバニラスカイ(13人気)

⬇︎今おトク!最大12億円⬇︎

阪神競馬場 芝1400m 過去データ8年〜傾向

    過去8年の過去データを集計しました。データからだいたいの傾向を読み取ることができます。データは重要な部分のみを切り抜き見やすくしてあります。

    1着馬の平均

    阪神芝1400m 平均タイム

    阪神芝1400m 平均ラップタイム

    阪神芝1400m 前3F、後3F

    阪神芝1400m 枠別成績

    阪神芝1400m 脚質別成績

    脚質シェア率

    阪神芝1400m 前走距離別成績

    同コースより成績が良いコース

    阪神芝1400m 人気別成績

    阪神芝1400m 騎手成績

    阪神芝1400m 調教師成績

    阪神芝1400m 血統成績

    阪神競馬場 芝1400m まとめ

      • 1番人気の信頼度が低い
      • 枠はフラッドだが、若干内枠有利
      • 先行争いは厳しくなりがち、1200mよりも前良ラップになる
      血統を競馬予想に活かせていますか?

      競馬は究極のブラットスポーツ

      基本的な特徴こそ知っているのに

      血統を競馬予想、馬券に反映できている人は少ないのが現状です。

      なぜでしょうか?

      それは血統について知らなすぎるためです。

      競馬評論家の亀谷敬正さんが新しい血統本を出されました。

      評価も高く2021年おすすめの一冊。

      この機会に新作血統本を手に取り、血統知識をさらに深めてみませんか?

      created by Rinker
      ¥1,980
      (2021/10/17 20:36:04時点 Amazon調べ-詳細)

      ※2021年9月10日発売