昔と今の有馬記念を比べてみると....一目瞭然オーバーシートとエクイターフの特徴

 

有馬記念なの芝フサフサしてるじゃないか!?

昔はハゲてたのに今はフサフサ。おっちゃんには辛い事実ですね

JRA馬場土木課の皆様、ワシの頭皮もフサフサさせておくれ!

 

 

 

 

芝コースが綺麗な理由について解説します
⬇︎今おトク!最大12億円⬇︎

オーバーシート採用で1年中緑になった芝コース

中央競馬の芝コースは、競馬場によっても違いますがオーバーシートを採用したことで1年中キレイな緑の芝が保たれています。改修工事は1990年代から順次行われました。

 

年の瀬に行われる有馬記念で見比べてみましょう。

 

平成元年の有馬記念
2018年の有馬記念

 

 

ここまで違うと別コースに見えてきますね(笑)

 

オーバーシートは野芝と洋芝をミックスした芝で、毎年冬前になると野芝の上に洋芝の種を蒔き、冬でも緑色の見栄えが良い芝コースを実現させています。寒さに強い洋芝が上に来るので見栄えが良くなりますが根っこにあるのは野芝です。1年中キレイな芝を保てる反面、毎年種をまかなければならないため冬でも手入れが必要になります。エアレーション作業も必要で、昔に比べ作業量が増えているようです。

野芝について

野芝は日本に昔からある芝で暑さに強く寒さに弱いのが特徴です。冬になると表面が枯れてしまうので、見栄えは汚くなってしまいます。ただし匍匐茎(ほふくけい)という茎がしっかり土の中にあるため、枯れていても競走馬が走るのにはなんら問題はありません。

 

野芝は競走馬にとって走りやすく軽くて早い時計が出やすいのが特徴です。

洋芝について

洋芝は夏場に弱く寒さに強い、冬でも綺麗な緑を保つ事ができる芝です。競馬ではケンタッキーブルーグラスが有名で、横に匍匐茎を伸ばしコース土台を作ります。

 

ただし、野芝に比べると水分を保有しやすくタフな馬場なりがちな芝です。

エクイターフが開発された事で超高速化が進む競馬場

 

近年レコードタイムがどんどん更新される超高速馬場をよく目にするようになりました。

 

エクイターフという芝が開発されたためで、エクイターフの特徴は早い時計の出る超高速馬場を作る特徴があります。

 

  • 根が深い
  • 芝が密でちぎれにくい
  • クッション性に優れている
  • 成長が早い
  • 反発力が高い

 

 

2015年以降、札幌競馬場、函館競馬場を除くほとんどの競馬場でエクイターフが採用されました。

 

ただ、競走馬の負担軽減のために開発されたエクイターフですがあまりに早い時計が出てしまうため、

 

「逆に馬に負担を欠けているのではないか?」

 

と最近では言われるようになって来たようです。

エクイターフはあなたも購入できます!

JRAが開発した新品種です エクイターフは長崎県の五島列島がふるさと 芝の強度比較では1㎡あたりの茎の密度や地下部分の重量、芝のちぎれにくさの値がそれぞれ2倍 また、成長が早くてクッション性にも富んでいる

一般の人でも購入できのでお庭に芝コースを作ることもできますね。
※時期によって販売終了になったりします。

おすすめ競馬本

created by Rinker
¥3,800 (2021/10/17 22:29:27時点 Amazon調べ-詳細)

 

予想に直結する内容は書かれていませんが、JRA中央コースの馬場がどーなっていて、誰が、どのように管理しているのか?などについて詳しく書かれています。一般人では知り得ない情報がたくさん詰まっておりおすすめの一冊になります。

血統を競馬予想に活かせていますか?

競馬は究極のブラットスポーツ

基本的な特徴こそ知っているのに

血統を競馬予想、馬券に反映できている人は少ないのが現状です。

なぜでしょうか?

それは血統について知らなすぎるためです。

競馬評論家の亀谷敬正さんが新しい血統本を出されました。

評価も高く2021年おすすめの一冊。

この機会に新作血統本を手に取り、血統知識をさらに深めてみませんか?

created by Rinker
¥1,980
(2021/10/17 20:36:04時点 Amazon調べ-詳細)

※2021年9月10日発売