ゴールドアリュール産駒の成長スピード・距離適性・馬場適性・考察
ゴールドアリュールGold Allure 牡 栗毛
生年月日 1999年3月3日
獲得賞金 2億1,037万円
戦績 8-1-1-6/16
サンデーサイレンス
ニキーヤ
調教師 池江泰郎
勝ち鞍 フェブラリーステークス、東京大賞典、ダービーグランプリ、ジャパンダートダービー、アンタレスS

代表産駒

コパノリッキー、クリソリベル、グレイスフルリープ、ゴールドドリーム、スマートファルコン、クリソライト、エスポワールシチー etc

 

 サンデーサイレンス系唯一のダートGI優勝馬!
 2017/2/18 ゴールドアリュール号(牡・18歳)、心臓疾患により死亡
※JRA-DATAラボにて集計した結果をグラフ化しています。集計期間は中央競馬の馬場状態が大きく変化(高速馬場化)していること、馬のサイクルを考慮し5年間としています。
スポンサーリンク

ゴールドアリュール産駒の特徴・適性

※転載
ゴールドアリュール産駒の成績
勝率 複勝率 単回 複回
全体 8.7% 23.7% 79% 75%
4.9% 15.4% 73% 58%
ダート 9.0% 24.5% 78% 77%
1番人気 33.3% 62.5% 80% 80%
重賞レース 8.2% 20.6% 122% 84%
逃げ馬 24.2% 44.7% 227% 133%
  • 全体8.7%勝率、重賞8.2%と勝負強さがある。
  • ダート適正馬。
  • 1番人気の信頼度は普通、回収率も普通。

サイアーランキング

成長スピード

  • 5歳を界にグッと成績が落ちるノーマルタイプ。
  • 8歳ではグンっと成績が伸びている。

距離適性

  • 2200mが凹んでいるように見えるのは出走回数がゼロ回のためです。

馬場適性(芝)

  • 不良馬場はサンプルが少なくグラフ化できませんでした。晴れ男です。
  • 晴れ男だが、馬場が渋れば好走する。

馬場適性(ダート)

  • どんな馬場でもお構い無し。

データで考えるゴールドアリュール産駒×おすすめ騎手

  1. クリストフ・ルメール
  2. 藤田菜七子
  3. 木幡 初広

逃げる確率・勝率・複勝率

  • 全体では7.18%の馬が逃げ、勝率2291%、複勝率は44.49%
  • 1800m〜2200mの中距離で逃げる傾向が高い。

ゴールドアリュール産駒の考察

ダート×中距離適正の高い馬。しかし、ダート×中距離以上で逃げた時の成績は芳しくない。タフコースが狙い目であるのは間違いない。

スポンサーリンク
馬券の格言を勉強して、予想に活かしてみませんか?【2021年1月22日発売】

多くの競馬ファンは目の前のレースに集中し、確固たる競馬力をつけようとはなかなかしません。

 

馬券術ノウハウが詰まったモノ、それこそまさに馬券格言です。

 

数ある馬券格言「本当に使えるの?」について詳しく解説された、亀谷敬正(血統ビーム研究所所長)さん注目の競馬本が2021年1月22日に発売されました。

 

  • 競馬で勝てるようになりたい
  • 長く競馬で勝ち続けたい

 

馬券格言を一から勉強し予想に活かしみませんか?

おすすめ記事