2020年中山記念の逃げ馬・勝ち馬予想

 

中山記念(G2)
日程 2020/3/1 15:45
コース 中山芝1800m
条件 サラ系4歳以上 オープン

 

2020年の中山記念予想です。今年は9頭と少頭数なので、馬券は絞って勝負する必要がありますね^^

 

コース特徴→中山芝1800m

スポンサーリンク

中山記念の展開・逃げ馬予想

今回の中山記念は絶対的逃げ馬マルターズアポジーでほぼ間違いないと思われます。マルターズアポジーは今まで39戦で35回の89.7%で逃げています。今回も武士沢騎手が騎乗し、相性も経験も十分で騎手マイナス評価はありません。前走は京都金杯(芝1600m)

 

1枠に構えたもののスタートで遅れ、強引に前に出したレース。前3F34.9秒で通過しましたが、直線すぐに差され14着、最後は諦めた形のレースでした。京都1600mが外回りで、スタートがスムーズで無かった事を加えても、まったく走れなかったレースとして映ります。コース適性を考えると、マルターズアポジーにとって中山1800mはプラス評価できます。

 

注目したいのはここ3走。

 

  1. 京都芝1600m
  2. 京都芝1400m
  3. 中山芝1200m

 

だいたい1800m〜2000mの中距離型逃げ馬を、ここ3走は短距離〜マイル、逃げ馬に不利なコース、レースで走らせています。特に、2年前の中山記念では、前走京都1600mを組んでのローテ、今回のローテと一致します。ここに来てコース適性のある中山1800m、ある意味、3着を意識しのローテを組んで来た可能性は高いと言えます。1200m、1400mを走らせた上での京都1600m、敬遠されがちな距離延長組であることもあり、最近の走りっぷりからも人気が上がる気配はまったくありません。狙ってみる価値はありそうな1戦です。

中山記念勝ち馬予想

1番人気になりそうなのはラッキーライラック、続く3頭がインディチャンプ、ダノンキングリー、ウインブライトです。1番光って見えるのはウインブライトで、コース適性は抜群、去年の中山記念も勝ち切った実勢馬。今回は枠にも恵まれ、好位で走れる見込みが非常に高いです。松岡騎手からミナクリへの変更はマイナスですが、狙う価値は十分にある3番人気。前走G1からの200mの短縮、データから考えてもプラス要素が多く、勝ち負けはしてくれるでしょう。

まとめ

◎ウインブライト

○ラッキーライラック

☆マルターズアポジー

マルターズアポジーから流すには少々勇気がいるレースになりそうです。ですが、そんな時こそ逃げ馬狙い!!今回のローテは陣営が狙って来ていると思われるため、狙う価値があると判断します。

スポンサーリンク
馬券の格言を勉強して、予想に活かしてみませんか?【2021年1月22日発売】

多くの競馬ファンは目の前のレースに集中し、確固たる競馬力をつけようとはなかなかしません。

 

馬券術ノウハウが詰まったモノ、それこそまさに馬券格言です。

 

数ある馬券格言「本当に使えるの?」について詳しく解説された、亀谷敬正(血統ビーム研究所所長)さん注目の競馬本が2021年1月22日に発売されました。

 

  • 競馬で勝てるようになりたい
  • 長く競馬で勝ち続けたい

 

馬券格言を一から勉強し予想に活かしみませんか?

おすすめ記事